人気ブログランキング |

「福島原発事故による甲状腺被ばくの真相を明らかにする会」設立について


【目的】
 
 福島原発事故の被災者に発症した甲状腺がんの原因が放射線被ばくであることを二巡目検査についての福島県立医大報告(以下、医大報告)に基づいて明らかにする。

【方法】
 
 ①会に検証委員会を設け、医大報告を検証する。

 ② 同時に、県立医大、検討委員会、各種医療団体に対して医大報告の検証と結果報告を要請する。

 ③ 講演会・広報紙などによる宣伝活動を行う。

【組織】
 
 個人、団体に参加を呼びかける。

【医大報告の概要】

 二巡目の甲状腺超音波検査(2014.4~2016.3)の結果について福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センターが以下の報告を行った(2017.11.30)。

 概要を以下に記す。

 個々人の外部線量にもとづいて福島県の地域を4グループに分けた;避難区域等13市町村(高線量地域)、中通り(福島中央部、中線量地域)、浜通り(太平洋岸で避難区域の上下、低線量地域)、会津地方(内陸部、極低線量地域)。

 各地域の甲状腺がんの発症は、高線量地域で21.4人/10万人/年、中線量地域で13.4人/10万人/年、低線量地域で9.9人/10万人/年、極低線量地域で7.7人/10万人/年であった。

by hibaku-akiraka | 2019-12-01 00:00 | よびかけ | Comments(0)